コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > ほうじ茶の和クレープ包み

2022.9.8 更新

Cooking Note クッキングノート

ほうじ茶の和クレープ包み

しょうゆ入りの香ばしい生地で、和菓子仕立てに。

ほうじ茶の和クレープ包み

2021年9月号掲載

Check

西川万里

西川万里さん

ほうじ茶の和クレープ包み

神戸市東灘区で「お菓子教室Sunday」を主宰。初級から上級まで、お菓子づくりが身近で楽しくなる、家庭でつくりやすいレシピが好評。自宅で楽しめるレッスンキットも販売中。

こちらもチェック西川万里さんのホームページへ
エネルギー127kcal/1個分
食塩相当量0.3g/1個分
調理時間60分

(10個分)

◆クレープ生地
 薄力粉・・・50g
 グラニュー糖・・・ 20g
 溶き卵・・・1個分
 牛乳・・・180g
 しょうゆ・・・大さじ1

◆ほうじ茶カスタード
 卵黄・・・ 1個分
 グラニュー糖・・・30g
 薄力粉・・・10g
 牛乳・・・ 1/2カップ
 ほうじ茶の茶葉・・・8g
 熱湯・・・大さじ2
 粒あん(市販)・・・150g
 サラダ

クレープ生地をつくる。ボウルにふるった薄力粉とグラニュー糖を入れて混ぜる。牛乳と溶き卵を3回に分けて加えて泡立て器で混ぜ、しょうゆも加えてダマがなくなるまで混ぜる。

直径約12㎝のフライパンにサラダ油を薄くのばし、生地を薄く流し入れ、焦がさないよう中火で10枚焼き、冷ましておく。

ほうじ茶カスタードをつくる。ほうじ茶の茶葉をボウルに入れて熱湯を加えて3分蒸らす。沸騰直前まで温めた牛乳も加えてさらに3分蒸らす。

ボウルに卵黄、グラニュー糖を入れて泡立て器で混ぜ、薄力粉も加えて混ぜる。③をこしながら加え、なめらかになるまで混ぜ、鍋に移す。

④を中火にかけ、混ぜながら炊いていく。途中、いったん固まってくるが、さらに混ぜると再びさらっとした状態になるので、そこができあがりの合図。ボウルに移して冷蔵庫で冷やしておく。

混ぜほぐした⑤のクリーム、粒あんを10等分し、②の生地の中央にのせ、四角に10個包む。

おすすめ商品

AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン

指定農園の原料だけをしぼり、本格的な風味にこだわったオリーブ油。苦味・辛味が少なくフルーティな味わい、オリーブオイルの豊かな香りをお楽しみいただけます。

AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン
かんたんレシピ

秋鮭といくらのはらこパスタ

【材料(2人分)】
生さけ 2切れ
塩(下味つけ用) 少々
白こしょう(下味つけ用) 少々
いくら 大さじ4
スパゲッティ 160g
貝割れ菜 1パック
にんにく(薄切り) 1片分
「JOYL オリーブオイル」 大さじ3
塩 少々
黒こしょう 少々

【作り方】
1)生さけは軽く塩、白こしょうをし、「オリーブオイル」(大さじ1)を熱したフライパンで両面をソテーして、皿に取り出しておく。
2.)1)のフライパンの余分な油を拭き取り、「オリーブオイル」(大さじ2)を入れ、弱火でにんにくが色づくまで炒める。
3)鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を加えて貝割れ菜をサッと湯通しする。同じ湯でスパゲッティを表示通りにゆでる。②のオイルにスパゲッティのゆで汁を少し加えて乳化させ、ゆで上がったスパゲッティを加えて軽くあえ、塩、黒こしょうで味を調えて皿に盛る。
4)スパゲッティの上に、1)のさけといくら、3)の貝割れ菜を盛る。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら