コープステーションTOP > クッキングノート料理研究家一覧

2019.2.8 更新

Cooking Note クッキングノート 料理研究家一覧

安藤美保さん

安藤美保さん

フードコーディネーター。自宅での料理教室をはじめ、雑誌などでも活躍。旬の野菜を中心とした日々のお惣菜からワインに合うメニューまで、つくりやすいレシピが人気。女性3人でフードユニットaina結成、さまざまなイベントを開催。ソムリエの資格を持ち、ご主人とともにワインショップを営む。

安藤美保さんのレシピ一覧へ

安藤美保さんのホームページへ

谷口祐美子さん

谷口祐美子さん

料理好きが高じて、日本料理の教室や辻調グループ校の「エコール辻」 にてフランス、イタリア料理を、幅広く学ぶ。雑誌や企業のレシピ作成のほか、芦屋の自宅では、少人数で学べる料理教室を主宰。和から洋、お菓子まで、毎月いろんなテーマで楽しめる教室は、10年続けて通う生徒もいるほど好評。

谷口祐美子さんのレシピ一覧へ

友兼由子さん

友兼由子さん

神戸のオアティースリーで働いた後、アジア料理をはじめ、さまざ まなレストランで経験を積み、東灘区でアジア料理を中心とした ケータリングと料理教室L.A.Cを主宰。つくりやすく、家庭で もアレンジしやすいレシピは、幅広い世代に人気。そのほか、雑誌 やレストランへのメニュー提案、小学校などへの出張料理教室で講 師を務めるなど幅広い分野で活動。

友兼由子さんのレシピ一覧へ

友兼由子さんのホームページへ

佐川知子さん

佐川知子さん

料理研究家。大阪の自宅で、おもてなしの日本料理と、和洋中のお惣菜 を中心とした料理教室を主宰。
常に新しいことにチャレンジし、家庭でつくりやすいよう工夫を凝らし人気を呼ぶ。
ご主人は日本調理師学校の教授としておなじみの佐川進先生。

佐川知子さんのレシピ一覧へ

吉崎麻理さん

吉崎麻理さん

辻製菓専門学校で、お菓子づくりを学ぶ。芦屋のパティスリーで働いた後、そのお店をきっかけにフランスへ渡り、本場のパティスリーで経験を積む。現在、神戸市灘区でお菓子の受注販売「ALADO」を主宰。オーダーメイドで細かい要望にも応えてくれるオリジナルスイーツが好評。

友兼由子さんのレシピ一覧へ

吉崎麻理さんのホームページへ

志賀直子さん

志賀直子さん

日本調理師専門学校卒業後、フードコーディネーターとして雑誌や広告の分野で活躍。ジャンルを問わず、おしゃれでアイデアいっぱいのレシピは作りやすいと好評。栄養専門学校でも学び、体にやさしい料理にもこだわる。

志賀直子さんのレシピ一覧へ

田島裕美子さん

田島裕美子さん

料理・菓子研究家。芦屋にてフランス料理ベースの家庭料理と素朴なフランス菓子の教室『ユヌ・プティ・メゾン』を主宰。
出張料理教室や雑誌などでも活躍。

田島裕美子さんのレシピ一覧へ

田島裕美子さんのホームページへ

堀江真紀さん

堀江真紀さん

料理研究家のアシスタントなどを経て、大山崎の「レリッシュ」にてお菓子の教室を毎月開催。和菓子から洋菓子までレシピも幅広く、作りやすくて体にもやさしい素材を使ったお菓子が人気。毎日の子どものおやつに、ちょっとしたお持たせにも役立つメニューを紹介します。

堀江真紀さんのレシピ一覧へ

堀江真紀さんのホームページへ

山本亜希子さん

山本亜希子さん

神戸で「焼き菓子acos」を主催。通販での焼き菓子販売から始まり、タルトやサブレ、シフォンケーキなど四季折々の食材や厳選した材料でつくる素朴ながらも味わい深いお菓子が人気で、全国にファンが。2016年にカフェを併設した実店舗をオープンし、より身近に味わえるようになった。今月から、できるだけ身近な材料で、家庭で手軽につくれるお菓子を紹介してもらいます。

山本亜希子さんのレシピ一覧へ

堀江真紀さんのホームページへ

おすすめ商品

ガーナミルク

ミルク感の効いたコクのある味わいの口どけなめらかなミルクチョコレートです。

ガーナミルク
かんたんレシピ

ガトーショコラ

材料 (直径15cmの丸型1台分)

卵黄 2個分
砂糖 40g

(A) ガーナミルク 1枚(50g/刻んでおく)
無塩バター 40g
卵白 2個分

(B) 薄力粉 15g
ココアパウダー 30g

生クリーム 20cc
粉糖 適量

【下準備】
Aは合わせて湯せんにかけ、溶かしておく。湯せんは水が絶対に入らないよう注意。Bは合わせてふるっておく。型の底にオーブンペーパーを敷いておく(ステンレスやアルミの型の場合はさらに型の内側にバター(分量外)をぬり、強力粉(分量外)をふり、冷蔵庫で冷やしておく)。

【作り方】
(1)ボウルに卵黄を入れてほぐし、砂糖(40g)を加えて、泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。
(2)溶かしたAを加えてよくまぜ、生クリームを加えてさらに混ぜる。
(3)別のボウルに卵白を入れ、氷水をあてながら泡立てる。砂糖(40g)を3〜4回に分けて加えて泡立て、ツノがピンと立つ位のしっかりとしたメレンゲにする。
(4)2に3のメレンゲの1/3量を加えてゴムべらで混ぜ、泡が見えなくなったらBの半量を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
(5)残りのメレンゲの半量、残りのB、残りのメレンゲの順に加え、その都度さっくりと混ぜる。
(6)型に流し入れて平らにし、160℃(予熱あり)のオーブンで約35分焼く。焼き上がったら型ごと網などにのせて冷まし、完全に冷めたら型からはずす。仕上げに粉糖をふる。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する