コープステーションTOP > クッキングノート料理研究家一覧

2018.12.7 更新

Cooking Note クッキングノート 料理研究家一覧

安藤美保さん

安藤美保さん

フードコーディネーター。自宅での料理教室をはじめ、雑誌などでも活躍。旬の野菜を中心とした日々のお惣菜からワインに合うメニューまで、つくりやすいレシピが人気。女性3人でフードユニットaina結成、さまざまなイベントを開催。ソムリエの資格を持ち、ご主人とともにワインショップを営む。

安藤美保さんのレシピ一覧へ

安藤美保さんのホームページへ

谷口祐美子さん

谷口祐美子さん

料理好きが高じて、日本料理の教室や辻調グループ校の「エコール辻」 にてフランス、イタリア料理を、幅広く学ぶ。雑誌や企業のレシピ作成のほか、芦屋の自宅では、少人数で学べる料理教室を主宰。和から洋、お菓子まで、毎月いろんなテーマで楽しめる教室は、10年続けて通う生徒もいるほど好評。

谷口祐美子さんのレシピ一覧へ

友兼由子さん

友兼由子さん

神戸のオアティースリーで働いた後、アジア料理をはじめ、さまざ まなレストランで経験を積み、東灘区でアジア料理を中心とした ケータリングと料理教室L.A.Cを主宰。つくりやすく、家庭で もアレンジしやすいレシピは、幅広い世代に人気。そのほか、雑誌 やレストランへのメニュー提案、小学校などへの出張料理教室で講 師を務めるなど幅広い分野で活動。

友兼由子さんのレシピ一覧へ

友兼由子さんのホームページへ

佐川知子さん

佐川知子さん

料理研究家。大阪の自宅で、おもてなしの日本料理と、和洋中のお惣菜 を中心とした料理教室を主宰。
常に新しいことにチャレンジし、家庭でつくりやすいよう工夫を凝らし人気を呼ぶ。
ご主人は日本調理師学校の教授としておなじみの佐川進先生。

佐川知子さんのレシピ一覧へ

吉崎麻理さん

吉崎麻理さん

辻製菓専門学校で、お菓子づくりを学ぶ。芦屋のパティスリーで働いた後、そのお店をきっかけにフランスへ渡り、本場のパティスリーで経験を積む。現在、神戸市灘区でお菓子の受注販売「ALADO」を主宰。オーダーメイドで細かい要望にも応えてくれるオリジナルスイーツが好評。

友兼由子さんのレシピ一覧へ

吉崎麻理さんのホームページへ

志賀直子さん

志賀直子さん

日本調理師専門学校卒業後、フードコーディネーターとして雑誌や広告の分野で活躍。ジャンルを問わず、おしゃれでアイデアいっぱいのレシピは作りやすいと好評。栄養専門学校でも学び、体にやさしい料理にもこだわる。

志賀直子さんのレシピ一覧へ

田島裕美子さん

田島裕美子さん

料理・菓子研究家。芦屋にてフランス料理ベースの家庭料理と素朴なフランス菓子の教室『ユヌ・プティ・メゾン』を主宰。
出張料理教室や雑誌などでも活躍。

田島裕美子さんのレシピ一覧へ

田島裕美子さんのホームページへ

堀江真紀さん

堀江真紀さん

料理研究家のアシスタントなどを経て、大山崎の「レリッシュ」にてお菓子の教室を毎月開催。和菓子から洋菓子までレシピも幅広く、作りやすくて体にもやさしい素材を使ったお菓子が人気。毎日の子どものおやつに、ちょっとしたお持たせにも役立つメニューを紹介します。

堀江真紀さんのレシピ一覧へ

堀江真紀さんのホームページへ

山本亜希子さん

山本亜希子さん

神戸で「焼き菓子acos」を主催。通販での焼き菓子販売から始まり、タルトやサブレ、シフォンケーキなど四季折々の食材や厳選した材料でつくる素朴ながらも味わい深いお菓子が人気で、全国にファンが。2016年にカフェを併設した実店舗をオープンし、より身近に味わえるようになった。今月から、できるだけ身近な材料で、家庭で手軽につくれるお菓子を紹介してもらいます。

山本亜希子さんのレシピ一覧へ

堀江真紀さんのホームページへ

おすすめ商品

マルちゃん正麺 醤油味 5食パック

生麺うまいまま製法による、なめらかでコシのある食感の中太麺に、香味野菜の風味が利いた醤油味スープ。

マルちゃん正麺 醤油味
かんたんレシピ

豚バラねぎ醤油ラーメン

材料 (1人前)

豚バラ肉・・50g
長ねぎ・・1本
ごま油・・小さじ1
①しょうゆ・・小さじ1
①黒こしょう・・小さじ1/4
熱湯・・500ml
マルちゃん正麺・・醤油味1袋
添付の液体スープ・・1袋

【漬け液】
黒こしょう・・適量
ごま油・・小さじ1

つくりかた
(1)長ねぎを1cm幅の斜め薄切りにし、豚バラ肉は食べやすい大きさに切ります。
(2)鍋にごま油を入れ熱し、中火で長ねぎを焼き色をつけるようにして炒めます。長ねぎに火が通ったら豚バラ肉を入れ炒めます。
(3)強火にし、①を入れたら全体を絡めます。
(4)(3)に熱湯、麺を入れ茹でます。ほぐさずに1分経ったら箸でひっくり返し、少しほぐします。さらに2分ほど茹でます。
(5)麺を茹でている間に、添付の液体スープを丼に入れておきます。
(6)麺が茹で上がったら、麺と具を箸で押さえながら丼に茹で汁を加えてよくかき混ぜます。
(7)麺を丼に移し、スープを麺が絡むようになじませ、具、黒こしょう、ごま油をかけて完成です。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する