コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > チキンとスナップえんどうのバターライス

2021.5.7 更新

Cooking Note クッキングノート

チキンとスナップえんどうのバターライス

バターの風味でごちそう感アップ!

チキンとスナップえんどうのバターライス

2020年5月号掲載

Check

志賀直子

志賀直子さん

チキンとスナップえんどうのバターライス

チキンライスは炒めてから炊飯器で炊くと、パラリと仕上がります。スナップえんどうはごはんとは別に、ほんのり甘く煮て添えると彩りもよくなります。

エネルギー506kcal/1人分
食塩相当量0.3g/1人分
調理時間35分(米を炊く時間を除く)
  • ごはん・麺・パン
  • 西洋料理

(4人分)

米・・・ 2合
パプリカ・・・1個
玉ねぎ・・・ 1/2個
セロリ・・・ 1/4本
バター・・・20g
オリーブオイル・・・大さじ1
塩・・・小さじ1
◆スナップえんどうのグラッセ
スナップえんどう・・・100g
A 水・・・大さじ3
 バター・・・10g
 砂糖 ・・・小さじ1
 塩 ・・・少々

米は炊く30分前に洗い、ざるに上げておく。

鶏肉は一口大に切る。パプリカは鶏肉と同じぐらいの大きさの角切り、玉ねぎは1㎝角、セロリは薄切りにする。

フライパンにバターとオリーブオイルを入れて熱し、玉ねぎとセロリを炒める。しんなりしてきたら鶏肉を加え、焼き色がついたらパプリカを加えさっと炒める。

炊飯器に①の米を入れ、目盛りまで水を注ぐ。塩を入れて混ぜ、③をのせて炊く。

スナップえんどうのグラッセをつくる。スナップえんどうのすじを取り、半分に折って鍋に入れる。Ⓐを加え、ふたをして強火で1~2分蒸し煮にする。

④を器に盛り、⑤をのせる。

おすすめ商品

グランドアルトバイエルン

原料肉を伊藤ハム伝承の製法で72時間以上じっくり熟成し、肉の旨みを充分に引き出した、コク、深みある余韻をお楽しみいただけるウインナーです。

グランドアルトバイエルン
かんたんレシピ

グランドアルトと春野菜のパスタ

【材料(2人分)】
グランドアルトバイエルン・・・1袋
スパゲティ・・・160g
たけのこ(水煮)・・・60g
キャベツ・・・2枚
ミニトマト・・・4個
塩・コショウ・・・各適量
A:オリーブ油・・・大さじ2
A:にんにくのみじん切り・・・1片
A:赤唐辛子(輪切り)・・・1本分

【作り方】
1)グランドアルトバイエルンは斜め半分に切る。
2)たけのこは穂先の部分と根元に切り分け、穂先は縦6等分、根元の部分はいちょう切りにする。キャベツはざく切り、ミニトマトは1/4に切る。
3)フライパンにたっぷりの湯を沸かし、塩(分量外)を入れてスパゲティを茹でる。茹で上がる約1分前に②のキャベツを入れて一緒に茹でる。茹で汁は少し残しておく。
4)フライパンにAを入れて弱火で熱し、香りが出たら、①②のたけのこを入れて軽く炒め合わせる。
5)湯切りしたスパゲティとキャベツ、②のミニトマト、スパゲティの茹で汁大さじ3を④に加える。軽く炒め合わせ、塩・コショウで味を調える。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら