コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > レモンケーキ

2022.9.8 更新

Cooking Note クッキングノート

レモンケーキ

レモンがふわっと香る、さわやかな味わい。冷やして食べるのも、おすすめ!

レモンケーキ

2018年6月号掲載

Check

山本亜希子

山本亜希子さん

レモンケーキ

ふわっと軽く、口溶けのいい生地なので、少し暑くなってきた梅雨時にもピッタリ。レモン汁だけでなく、レモンの皮も入っているので、口に入れるとレモンがふわっと香り、爽やかな味わいです。アイシングは、食感と味のアクセントになるので、ぜひ、挑戦してみてください。冷やして食べてもおしいですよ。

こちらもチェック山本亜希子さんのブログへ
エネルギー219kcal/1人分
食塩相当量0g/1人分
調理時間60分
  • デザート・おやつ

(直径12cmの丸型1台分)

レモン(国産)...2個
卵...80g
グラニュー糖...80g
バター(食塩不使用)...70g
サワークリーム...15g
薄力粉...80g
粉砂糖...30g
タイム、レモンの皮

レモン1個は皮をすりおろし、果汁を絞って15gと5gに分けておく。

卵とグラニュー糖をボウルに入れ、もったりとするまで泡立てる。

湯煎で溶かしたバターとサワークリーム、1のすりおろしたレモンの皮(飾り用に少し取っておく)を加えて混ぜ合わせる。

薄力粉をふるって加え、レモン汁(15g)も加えて混ぜる。紙を敷いた型に流し入れ、180℃のオーブンで25〜30分焼き、冷ましておく。

粉砂糖とレモン汁(5g)を混ぜ合わせ、アイシングをつくる。4のケーキを型から取り出し、スプーンで表面にアイシングを線を描くようにかけ、レモンの皮とタイムを飾る。

おすすめ商品

AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン

指定農園の原料だけをしぼり、本格的な風味にこだわったオリーブ油。苦味・辛味が少なくフルーティな味わい、オリーブオイルの豊かな香りをお楽しみいただけます。

AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン
かんたんレシピ

秋鮭といくらのはらこパスタ

【材料(2人分)】
生さけ 2切れ
塩(下味つけ用) 少々
白こしょう(下味つけ用) 少々
いくら 大さじ4
スパゲッティ 160g
貝割れ菜 1パック
にんにく(薄切り) 1片分
「JOYL オリーブオイル」 大さじ3
塩 少々
黒こしょう 少々

【作り方】
1)生さけは軽く塩、白こしょうをし、「オリーブオイル」(大さじ1)を熱したフライパンで両面をソテーして、皿に取り出しておく。
2.)1)のフライパンの余分な油を拭き取り、「オリーブオイル」(大さじ2)を入れ、弱火でにんにくが色づくまで炒める。
3)鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を加えて貝割れ菜をサッと湯通しする。同じ湯でスパゲッティを表示通りにゆでる。②のオイルにスパゲッティのゆで汁を少し加えて乳化させ、ゆで上がったスパゲッティを加えて軽くあえ、塩、黒こしょうで味を調えて皿に盛る。
4)スパゲッティの上に、1)のさけといくら、3)の貝割れ菜を盛る。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら