コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > りんごのパンナコッタ

2019.1.9 更新

Cooking Note クッキングノート

りんごのパンナコッタ

赤ワインで煮たりんごがたっぷり。ミルク味のイタリアンデザート。

りんごのパンナコッタ

2017年11月号掲載掲載

Check

山本亜希子

山本亜希子さん

りんごのパンナコッタ

赤ワインで煮たりんごは、色も鮮やか!砂糖ではなく、はちみつで甘みをつけたパンナコッタは、やさしい味わいでりんごとの相性も抜群です。りんごの赤ワイン煮は、トーストにのせたりヨーグルトに混ぜてもおいしいので、少し多めにつくっておくと重宝しますよ。

こちらもチェック山本亜希子さんのブログへ
エネルギー259kcal/1人分
食塩相当量0.1g/1人分
調理時間60分
  • デザート・おやつ
  • 西洋料理

(4人分)

★りんごの赤ワイン煮
りんご...1個
はちみつ...30g
赤ワイン...1/2カップ
水...30g
★パンナコッタ
牛乳...130g
はちみつ...40g
バニラビーンズ...3cm分
粉ゼラチン...5g
(牛乳30gを加えてふやかしておく)
生クリーム...250g
ミントの葉

りんごの赤ワイン煮をつくる。りんごは皮と芯を取り除いて縦に12等分し、さらに長さを半分に切る。

鍋に1のりんご、Aを入れて火にかけ、水分がなくなるまで煮詰める。

パンナコッタをつくる。鍋に牛乳、はちみつ、縦に裂いて中の種をこそげ取ったバニラビーンズをさやとともに入れる。火にかけ、混ぜながら沸騰直前まで温める。火から下ろしてふやかしたゼラチンを牛乳とともに加えて混ぜ、生クリームも加え、粗熱を取っておく。

容器の底にりんごの赤ワイン煮を入れ(飾り用に少し残しておく)、3を注ぎ入れて冷蔵庫で冷やし固める。残りのりんごの赤ワイン煮とミントの葉を添える。

おすすめ商品

くらしの和漢 鶏粥

5種の和漢素材(ハトムギ、ウイキョウ、高麗人参、サンザシ、生姜)とオルニチン25mgを配合し、「元気」「キレイ」「ポカポカ」をサポート。鶏の旨みにウイキョウと生姜の風味がアクセントになっています。控えめな塩味、化学調味料不使用で優しい味わいに仕上げました。

くらしの和漢 鶏粥
かんたんレシピ

レンチン温玉とオイスターソース

材料 (1人前)

鶏粥・・・1パック
たまご・・1個(Ⅿ玉)
水・・・・大さじ1
オイスターソース・・・小さじ1/2
青み(貝割れ菜など)・・少々

つくりかた
(1)鶏粥は袋のまま熱湯に入れて5分間沸騰させる。
(2)たまごを耐熱容器に割り入れる。爪楊枝で黄身と白身を1カ所ずつ突いた後、水を加えてラップをかける。電子レンジで50秒加熱した後、好みの固さになるまで10秒〜20秒加熱する。(500w使用)
(3)(1)の鶏粥を器に移し(2)の温玉を乗せる。オイスターソースをかけ貝割れ菜を添える。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら