コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > 紅茶の塩サブレ

2018.11.9 更新

Cooking Note クッキングノート

紅茶の塩サブレ

後口に感じる塩味がクセになる、しっとり口溶けのいいサブレ。

紅茶の塩サブレ

2017年10月号掲載掲載

Check

山本亜希子

山本亜希子さん

紅茶の塩サブレ

粗塩を混ぜ込んでいるので、後口にほんのり感じる塩味が、クセになる味わいです。紅茶の風味とも相性がよく、焼く前の状態で冷凍保存もできるので、時間のあるときにまとめてつくっておけば、毎日のおやつにも重宝しますよ。

こちらもチェック山本亜希子さんのブログへ
エネルギー61kcal/1枚分
食塩相当量0.2g/1枚分
調理時間60分(冷やし固める時間を除く)
  • デザート・おやつ

(約32枚分)

薄力粉...180g
紅茶の葉(ティーバッグ)...3袋分(約6g)
グラニュー糖...80g
粗塩...5g
バター(食塩不使用)...120g
★トッピング用
グラニュー糖...20g
粗塩...小さじ1/4
※ティーバッグは茶葉が細かいので使いやすい。普通の茶葉を使うときは、細かくすりつぶす(ロールケーキも同様)。

ボウルに薄力粉と袋から出した紅茶の葉、グラニュー糖、粗塩を入れ、小さく切ったバターを加えて、粒が細かいそぼろ状になるように手ですり合わせる。バターと粉類がなじんだらひとまとめにする。

1の生地を2等分して、直径約2.5cmの棒状にのばす。トッピングの材料を混ぜ合わせて広げ、転がしながら周囲につけ、ラップで包んで冷凍庫で約1時間冷やし固める。

約1.5cm幅に切って、紙を敷いた天板に並べ、150℃のオーブンで40分焼く。

おすすめ商品

本造り純米酢きぶき

精米歩合70%の国産米と六甲の天然水を使い、静置発酵法により時間をかけて造り上げました。 雑味が少なく、旨味があり、軽くさっぱりした味は和・洋・中どんな料理にも合います。

本造り純米酢きぶき
かんたんレシピ

さんまの南蛮漬け

材料 (4人前)

さんま・・・2尾
塩・こしょう・・適量
片栗粉・・・・・適量
サラダ油・・・・適量
玉ねぎ・・・1/2〜1個
にんじん・・・1/4本
ピーマン・・・1個

【漬け液】
マルカン本造り純米酢きぶき・・大さじ4
だし汁・・大さじ3
うすくちしょうゆ・・大さじ2
砂糖・・大さじ2
赤唐辛子・・適量

つくりかた
(1)玉ねぎは薄切り、にんじん・ピーマンはせん切り、赤唐辛子は種をとって小口切りにします。
(2)【漬け液】を混ぜ合わせバットに入れ、(1)を漬けておきます。
(3)さんまは3枚おろしにして4等分に切り、塩・こしょうをふります。
(4)(3)に片栗粉をまぶし、フライパンで揚げ焼きします。
(5)熱いうちに(2)に漬けます。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら