コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > 白花豆のモンブラン

2019.2.8 更新

Cooking Note クッキングノート

白花豆のモンブラン

市販の甘煮を使って、クリームに。栗に勝るとも劣らない、味わいです。

白花豆のモンブラン

2016年1月号掲載

Check

堀江真紀

堀江真紀さん

白花豆のモンブラン

市販の白花豆の煮豆を裏ごししてモンブランに。食感や色合いなど、栗に勝るとも劣らない味わいです。手軽につくれるうえに、モンブランよりあっさりと仕上がるので、子どもからお年寄りまで食べやすいのも魅力ですね。

こちらもチェック堀江真紀さんのブログへ
エネルギー336kcal/1個分
食塩相当量0g/1人分
調理時間80分
  • デザート・おやつ

(6個分)

★生地
卵黄…2個分
グラニュー糖…20g
卵白…2個分
グラニュー糖…40g
薄力粉…60g
粉砂糖…適量

★豆クリーム
白花豆の甘煮
(市販)…145g
バター(食塩不使用)…25g

A
砂糖…10g
生クリーム…25g
ラム酒…小さじ1/2

B
生クリーム…175g
グラニュー糖…15g
ラム酒…少々

ボウルに卵黄とグラニュー糖(20g)を加えて混ぜる。

別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖(40g)を2回に分けて加えて泡立て、しっかりしたメレンゲをつくる。

1と2を混ぜ合わせ、ふるった薄力粉も加えて混ぜ、1cmの口金をつけた絞り袋に入れる。

天板にクッキングシートを敷き、直径7cmの円形になるよう渦巻き状に絞り、表面にたっぷりと粉砂糖をふる。190〜200℃のオーブンで約10分焼き、冷ましておく。

白花豆の甘煮は、汁気をキッチンペーパーでふき取り、裏ごしする。

バターに5を少しずつ加えて混ぜる。Aも加えて混ぜ、モンブラン用または細い口金をつけた絞り袋に入れる。

Bを合わせて泡立てる。

4の生地の上に7の生クリームの半量をのせ、6のクリームを絞る。残りの生クリームをのせて、生地をのせて仕上げる。

おすすめ商品

ガーナミルク

ミルク感の効いたコクのある味わいの口どけなめらかなミルクチョコレートです。

ガーナミルク
かんたんレシピ

ガトーショコラ

材料 (直径15cmの丸型1台分)

卵黄 2個分
砂糖 40g

(A) ガーナミルク 1枚(50g/刻んでおく)
無塩バター 40g
卵白 2個分

(B) 薄力粉 15g
ココアパウダー 30g

生クリーム 20cc
粉糖 適量

【下準備】
Aは合わせて湯せんにかけ、溶かしておく。湯せんは水が絶対に入らないよう注意。Bは合わせてふるっておく。型の底にオーブンペーパーを敷いておく(ステンレスやアルミの型の場合はさらに型の内側にバター(分量外)をぬり、強力粉(分量外)をふり、冷蔵庫で冷やしておく)。

【作り方】
(1)ボウルに卵黄を入れてほぐし、砂糖(40g)を加えて、泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。
(2)溶かしたAを加えてよくまぜ、生クリームを加えてさらに混ぜる。
(3)別のボウルに卵白を入れ、氷水をあてながら泡立てる。砂糖(40g)を3〜4回に分けて加えて泡立て、ツノがピンと立つ位のしっかりとしたメレンゲにする。
(4)2に3のメレンゲの1/3量を加えてゴムべらで混ぜ、泡が見えなくなったらBの半量を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
(5)残りのメレンゲの半量、残りのB、残りのメレンゲの順に加え、その都度さっくりと混ぜる。
(6)型に流し入れて平らにし、160℃(予熱あり)のオーブンで約35分焼く。焼き上がったら型ごと網などにのせて冷まし、完全に冷めたら型からはずす。仕上げに粉糖をふる。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら