コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > ふきと、かつお生ぶしの煮物

2021.11.9 更新

Cooking Note クッキングノート

ふきと、かつお生ぶしの煮物

ふきのほろ苦さとかつおの旨みがよく合う。
春ならではの懐かしい味わいです。

ふきと、かつお生ぶしの煮物

2014年4月号掲載

Check

志賀直子

志賀直子さん

ふきと、かつお生ぶしの煮物

かつおは高たんぱく質、低カロリーな食材。血液をサラサラにしてくれるEPA、脳の働きを活性化するDHAを多く含まれています。生ぶしはかつおをゆでたり、蒸したりしして加工したもの。煮物にすればコクのあるだしが出ます。

エネルギー65kcal/1人分
食塩相当量2.2g/1人分
調理時間25分
  • 日本料理
  • 魚料理

(4人分)

ふき…3本

かつお生ぶし…4切れ(200g)

薄揚げ(大判)…1枚

A だし…2.5カップ

うす口しょうゆ…大さじ3

砂糖…大さじ1.5

みりん…大さじ2

しょうが(せん切り)…適量

ふきは葉と茎に分ける。茎は鍋に入る長さに切り、塩を加えた熱湯で太いものから順に入れ(a)、3〜4分ゆでて冷水に取る。同じ鍋で葉適量を2分ぐらいゆで、冷水に取り、水を何度か変え、水がきれいになるまで、さらす。

1の茎の皮をむき、4〜5cm長さに切る。葉は水気を絞って粗く刻み、もう一度水気を絞る。

薄揚げは熱湯をかけて油抜きをし、食べやすい大きさに切る。

Aを煮立て、生ぶし、薄揚げを加えて弱火で6〜7分煮る。ふきの茎と葉を加えて少し煮て、火を止める。いったん冷まして味を煮含ませる。

食べる前に温めて、器に盛り、しょうがをのせる。

(a)フライパンなど口径の広い鍋でゆでると、皮をむくのがラク。

おすすめ商品

博多もつ鍋スープ みそ味

唐辛子をピリッと効かせた、コクのある合わせ味噌仕立ての鍋スープです。もつ・野菜等お好みの材料を加えて煮るだけで本場の味がお楽しみいただけます。

博多もつ鍋スープ みそ味
かんたんレシピ

きのこたっぷり 牛ひき肉おとし鍋

【材料(4人前)】
牛挽き肉・・・400g
A:卵1個・醤油大さじ1・ごま油小さじ1・こしょう少々・酒大さじ1/2・にんにくすりおろし小さじ1
マイタケ・・・1パック
生しいたけ・・・4個
えのき茸・・・1袋
エリンギ・・・1パック
チンゲン菜・・・2株
博多もつ鍋スープ みそ味・・・1袋

【作り方】
1)牛挽き肉にAを入れてよく混ぜ合わせておきます。
2)マイタケはさっと洗い小分けにします。えのき茸も根元を切り落としてほぐしておきます。エリンギは大きいようなら縦に裂いておきます。チンゲン菜は食べやすく切ります。たまねぎは6~7mm厚さの輪切りにします。生しいたけは軸を切り、半分に切ります。
3)すきやき鍋のように、なるべく底の浅い鍋を使用し、本品を煮立てます。たまねぎを入れ、やや柔らかくなってきたらチンゲン菜の軸の部分やきのこ類をいれ、牛挽き肉のタネは木べらに乗せて少しずつ落としながら煮ます。途中チンゲン菜の青菜も加えてひと煮立させ、お召し上がりください。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら