コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > 鯛の香草パン粉焼き

2022.9.8 更新

Cooking Note クッキングノート

鯛の香草パン粉焼き

香ばしいパン粉が食欲をそそります。
鯛を先に焼いておくのがポイント。

鯛の香草パン粉焼き

2013年5月号掲載

Check

谷口祐美子

谷口祐美子さん

鯛の香草パン粉焼き

パン粉はオリーブオイルを加えるとサクサクと香ばしく焼き上がります。鶏肉やいわし、トマトやなすなど、肉や魚、野菜にのせて焼いてもおいしいですよ。好みのドライハーブを加えても。

エネルギー258kcal/1人分
食塩相当量0.5g/1人分
調理時間30分
  • 西洋料理
  • 魚料理

(4人分)

鯛の切り身…4切れ

オリーブオイル…大さじ2

塩・こしょう…少々

A パン粉…大さじ4

ニンニク(みじん切り)…小さじ1

パセリ(みじん切り)…大さじ1

バジルの葉…3枚

※好みでオレガノや

タイムを加えてもよい

パルメザンチーズ…小さじ2

オリーブオイル…大さじ2

レモン…適量

ブロッコリー…1/2株

 

鯛の骨を取り除き、皮に切り込みを入れる(a)。塩、こしょうを両面にふる。

フライパンにオリーブオイルを入れ、皮目からこんがり両面を焼く。

ボウルにAを入れて混ぜ、パン粉がしっとりしたら、焼いた鯛の皮にのせて軽く押さえる(b)。

オーブントースターでパン粉に焼き色がつくまで焼く。

皿に盛り、ゆでたブロッコリー、レモンを添える。

(a)切り込みを入れるとカリッと焼き上がり、余分な脂が出て臭みが取れる。

(b)パン粉は焦げやすいので、魚に火を通してからのせる。

おすすめ商品

AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン

指定農園の原料だけをしぼり、本格的な風味にこだわったオリーブ油。苦味・辛味が少なくフルーティな味わい、オリーブオイルの豊かな香りをお楽しみいただけます。

AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン
かんたんレシピ

秋鮭といくらのはらこパスタ

【材料(2人分)】
生さけ 2切れ
塩(下味つけ用) 少々
白こしょう(下味つけ用) 少々
いくら 大さじ4
スパゲッティ 160g
貝割れ菜 1パック
にんにく(薄切り) 1片分
「JOYL オリーブオイル」 大さじ3
塩 少々
黒こしょう 少々

【作り方】
1)生さけは軽く塩、白こしょうをし、「オリーブオイル」(大さじ1)を熱したフライパンで両面をソテーして、皿に取り出しておく。
2.)1)のフライパンの余分な油を拭き取り、「オリーブオイル」(大さじ2)を入れ、弱火でにんにくが色づくまで炒める。
3)鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を加えて貝割れ菜をサッと湯通しする。同じ湯でスパゲッティを表示通りにゆでる。②のオイルにスパゲッティのゆで汁を少し加えて乳化させ、ゆで上がったスパゲッティを加えて軽くあえ、塩、黒こしょうで味を調えて皿に盛る。
4)スパゲッティの上に、1)のさけといくら、3)の貝割れ菜を盛る。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら