コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > シンガポール風チキンライス

2019.11.7 更新

Cooking Note クッキングノート

シンガポール風チキンライス

鶏肉を米と一緒に炊飯器で炊くだけ。
旨みたっぷりのおいしいごはんに。

シンガポール風チキンライス

2012年12月号掲載

Check

谷口祐美子

谷口祐美子さん

シンガポール風チキンライス

本来は鶏からスープをとってごはんを炊くのですが、炊飯器で作るとゆで鶏とごはんが一度にできて簡単。鶏の旨みがお米にしっかり染みます。おもてなしにもおすすめです。

エネルギー586kcal/1人分
食塩相当量1.9g/1人分
調理時間50分
  • ごはん・麺・パン
  • 肉料理
  • 韓国・エスニック

(4人分)

鶏もも肉...2枚(500g)
ニンニク...1/2かけ
米...2合
玉ねぎ...1/2個
しょうが(みじん切り)...大さじ1
A オイスターソース
...大さじ1
しょうゆ...小さじ1
酒...小さじ1
豆板醤...小さじ1
トマト...1個
香菜...適量
レモン...1/2個

塩、こしょう、酒、サラダ油

鶏もも肉は半分に切り、塩・こしょう各少々、酒大さじ2をふり、ニンニクの薄切りをのせておく。

玉ねぎ、しょうがをみじん切りにする。米を洗いざるに上げておく。

フライパンに油を熱し、玉ねぎ、しょうがを炒めて塩・こしょう各少々をふり、米を加えさらに炒める(a)。

炊飯器に3を入れ、目盛りまで水を注ぎ、塩小さじ1を加える。1を米の上にのせて炊く(b)。

Aを合わせ、タレをつくる。

ごはんが炊き上がったら、鶏肉を取り出す。ごはんをよく混ぜて器に盛り、食べやすい大きさに切った鶏肉をのせ、香菜、トマト、レモンを添える。タレを好みの量つけて食べる。

(a)玉ねぎ、しょうがを炒めて甘みを出し、米は透き通るまで炒める。

(b)炊飯器に入れて炊く。

おすすめ商品

地鶏だしちゃんこ鍋スープ 醤油

二種の地鶏(阿波尾鶏・名古屋コーチン)だしの旨み、焼津産鰹節・日高昆布だしの風味、本みりんのコクを加えた醤油仕立ての鍋スープです。

地鶏だしちゃんこ鍋スープ 醤油
かんたんレシピ

地鶏だしちゃんこ鍋 醤油

【材料】(3~4人分)
鶏肉(もも肉又はぶつ切り)・・・200g
鶏だんご・・・200g
白菜・・・1/4株(約500g)
長ねぎ・・・1本(約150g)
人参・・・1/3本(約40g)
しいたけ・・・4個(約60g)
豆腐・・・1丁(約350g)
油揚げ・・・2枚(約40g)
地鶏だしちゃんこ鍋スープ 醤油・・・1袋

【作り方】
1..鍋にスープを入れて火にかけ、沸騰したら鶏だんご・鶏肉の順番に加えます。
※スープはよく振ってから鍋に入れてください。
2..再び沸騰したら火を中火におとし、アクをとり、白菜の茎(かたい部分)・長ねぎ・人参・しいたけ・豆腐・油揚げを入れます。火が通ったら白菜の葉を加え、ひと煮立ちさせたら出来上がりです。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら