コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > トマトとなす、オイルサーディンの重ね焼き

2024.6.10 更新

Cooking Note クッキングノート

トマトとなす、オイルサーディンの重ね焼き

白ワインにぴったり! 
缶詰で簡単につくれます。

トマトとなす、オイルサーディンの重ね焼き

2009年8月号掲載

Check

安藤美保

安藤美保さん

トマトとなす、オイルサーディンの重ね焼き

オイルサーディンを使うと、いわしをおろす手間が省け、コクのある味に。重ねて焼くだけだからとっても簡単。おもてなしのオードブルにもおすすめです。

こちらもチェック安藤美保さんのブログへ
エネルギー203kcal/1人分
食塩相当量0.5g/1人分
調理時間25分
  • 西洋料理
  • 魚料理

(4人分)

トマト(完熟)...2個
なす(中)...1.5本
オイルサーディン...1缶
バジルの葉...8枚
ニンニク...1かけ
パルメザンチーズ(粉)...適量
レモンのくし切り...2~3個
塩、こしょう、オリーブオイル、飾り用バジルの葉適量

なすは薄切りにしてバットに並べ、塩をふり(a)、しばらくして水分が出てきたら、水気をペーパーで押さえる。

フライパンにつぶしたニンニクとオリーブオイル大さじ3を入れて弱火で熱して香りを出し、1のなすの両面を焼く。

トマトはヘタを取り、なすと同じ枚数ぐらいに薄切りにする。

耐熱の容器に2のなす、トマトを順に並べる。バジルの葉は、飾り用に数枚とりおき、残りをオイルサーディンと共に、なすとトマトにのせる(b)。粉チーズをふり、180℃のオーブンで10分焼く。

焼き上がったらレモンのくし切り、バジルの葉を添える。

(a)塩をふると、アクが抜けて、水っぽくならないのでよい。

(b)オイルサーディンを使うと、生のいわしよりコクがある味わいに。

おすすめ商品

素材力だし® こんぶだし

北海道の昆布の粉末を使用し、上品な香りと旨みにこだわりました。厳選した素材を使用し、「食塩」を加えておりません。

素材力だし® こんぶだし
かんたんレシピ

えびとにらのかき揚げ
こんぶ塩

【材料(4人分)】
むきえび 200g
にら 1束
酒 少々
塩 少々
小麦粉 1カップ
卵 1個
冷水 150cc
揚げ油 適量
こんぶだし 1/2本
塩 小さじ1/3

【作り方】
1)むきえびの背わたを取り除き、酒・塩をふって下味をつける。
2)にらの根元を少し切り落とし、2cm長さ位に切る。
3) 揚げ油を170℃位に加熱する。
4) 卵を溶きほぐし、冷水を加えて混ぜ、ふるった小麦粉をさっくりと混ぜ合わせて衣を作り、えびとにらをさっと混ぜ合わせる。 5) 3)の揚げ油で揚げる。
6)こんぶだしをスプーンの背で細かくつぶし、塩と混ぜ合わせ、⑤に添える。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら