コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > 夏野菜のスープカレー

2024.6.10 更新

Cooking Note クッキングノート

夏野菜のスープカレー

野菜だけでも旨みたっぷりの
スピードカレー。
カレー粉は空煎りして香ばしく!

夏野菜のスープカレー

2008年8月号掲載

Check

安藤美保

安藤美保さん

夏野菜のスープカレー

「カレー粉の使いこなし」。いろいろなスパイスをブレンドしたカレー粉には、食欲増進や冷房で冷えた体を温めるなどの働きがあります。ヨーグルトやしょうが、ニンニクと合わせるとよりエキゾチックな味わいに。

こちらもチェック安藤美保さんのブログへ
エネルギー404kcal/1人分
食塩相当量0.9g/1人分
調理時間30分
  • その他
  • 野菜料理

(4人分)

なす...2本
ズッキーニ...1本
ピーマン...2個
玉ねぎ...1個
トマトの水煮...1カップ
しょうが(すりおろし)...小さじ1
ニンニク(すりおろし)...小さじ1
カレー粉...大さじ1~2
オリーブオイル...大さじ1
ごはん...適量
※玄米や五穀米ごはんなどがおすすめ。
しょうゆ、塩、こしょう、揚げ油

なすは2cm、ズッキーニは1cmの厚さの輪切り、ピーマンは種を取り、縦6等分にして、素揚げにしておく(a)。

玉ねぎは、薄いくし切りにして、半分の長さに切っておく。

鍋にオリーブオイルを入れ、しょうがとニンニクのすりおろしを入れて、香りが出るまで炒め、玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。

3にトマトの水煮、水2~3カップ、しょうゆ大さじ1を入れて15分ほど煮込む。

1の野菜を入れてひと煮立ちしたら、別のフライパンで空煎りしたカレー粉(b)を加えて混ぜ、塩こしょうで味を調える。

(a)野菜を素揚げにすると、甘みとコクが出ておいしい。

(b)煎ることで香りが立ち,ダマになりにくい。カレー粉を加えたら煮込みすぎない。

おすすめ商品

素材力だし® こんぶだし

北海道の昆布の粉末を使用し、上品な香りと旨みにこだわりました。厳選した素材を使用し、「食塩」を加えておりません。

素材力だし® こんぶだし
かんたんレシピ

えびとにらのかき揚げ
こんぶ塩

【材料(4人分)】
むきえび 200g
にら 1束
酒 少々
塩 少々
小麦粉 1カップ
卵 1個
冷水 150cc
揚げ油 適量
こんぶだし 1/2本
塩 小さじ1/3

【作り方】
1)むきえびの背わたを取り除き、酒・塩をふって下味をつける。
2)にらの根元を少し切り落とし、2cm長さ位に切る。
3) 揚げ油を170℃位に加熱する。
4) 卵を溶きほぐし、冷水を加えて混ぜ、ふるった小麦粉をさっくりと混ぜ合わせて衣を作り、えびとにらをさっと混ぜ合わせる。 5) 3)の揚げ油で揚げる。
6)こんぶだしをスプーンの背で細かくつぶし、塩と混ぜ合わせ、⑤に添える。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら