コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > 春菊のウィークエンド

2018.8.9 更新

Cooking Note クッキングノート

春菊のウィークエンド

鮮やかな緑がさわやか! ほんのり香る、春菊の風味と苦味がアクセントに。

春菊のウィークエンド

2017年3月号掲載

Check

田島裕美子

田島裕美子さん

春菊のウィークエンド

春菊の鮮やかな緑色がさわやかな、ほのかな苦味がアクセントになった春らしいバターケーキ。レモン風味のアイシングとの相性も抜群です。日持ちもするので、手土産やプレゼントにもよろこばれますよ。

こちらもチェック田島裕美子さんのブログへ
エネルギー237kcal/1/6カット分
食塩相当量0.g/1人分
調理時間90分
  • デザート・おやつ

(直径12cmの丸型1台分)

春菊...100g
米油...50g
ホワイトチョコレート...30g
グラニュー糖...70g
卵...90g
薄力粉...90g
ベーキングパウダー...2g
粉砂糖...50g
レモン果汁...10g
飾り用ピスタチオ...適量

春菊は熱湯でさっとゆで、水気をしっかり絞って細かく刻む。すり鉢に入れ、米油を加えてすり混ぜ、ピュレ状にするa。ホワイトチョコレートは湯煎で溶かしておく。

ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、湯煎にかけながらハンドミキサーで、生地を落とすと線が残るくらいまでふんわりと泡立てる。

2に1を加えて混ぜ、合わせてふるった薄力粉とベーキングパウダーも加えてゴ厶べらでムラなく混ぜる。

型にクッキングシートを敷き、3を流し入れる。オーブンを200℃に予熱し、180℃に設定して35〜40分焼き、型からはずして冷ましておく。

ボウルに粉砂糖とレモン果汁を入れて混ぜ、アイシングをつくる。

4の上部をスライスし、平らにして裏返し、全体に5を塗り、好みでピスタチオを飾る。

おすすめ商品

だしと醤油のたこ焼ソース

関西の味を追求し、かつおだしと醤油をきかせた、さらさらあっさりのたこ焼ソースです。

だしと醤油のたこ焼ソース
かんたんレシピ

おもち入りカクたこ

材料 (1人分)

オタフクたこ焼粉 40g
たまご1個
水160㏄
たこ(ゆでたもの)40g
もち20g
青ねぎ(小口切り)適宜
オタフクいか天入り天かす天華 10g
紅しょうが(みじん切り)適宜
サラダ油適宜
だしと醤油のたこ焼ソース適宜
オタフク青のり 適宜
かつおぶし適宜

つくりかた
1.水にたこ焼粉・たまごを加えて生地を作る。
2.中火で熱した卵焼き器に生地をながす。
3.青ねぎ、天かす、紅しょうがを入れ、タコ・おもち(5mm~8mm角)は手前半分に入れる。
4.約1分半焼き、生地の周りが固まってきたら、フライ返しで奥から手前へ、半分に折り返す。
5.約1分焼いてもう一度ひっくり返す。
6.さらに約2分焼きながら、卵焼き器の角やフライ返しを使って形を整える。
7.一口サイズにカットしてお皿に盛りつけ、たこ焼ソースと青のり、かつおぶしをかける。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら