コープステーションTOP > クッキングノートレシピ検索 > そら豆とえびの卵炒め

2018.1.9 更新

Cooking Note クッキングノート

そら豆とえびの卵炒め

そら豆の香り、えびの旨みに、ふんわり卵。
やさしい味つけで、彩りも美しく。

そら豆とえびの卵炒め

2014年5月号掲載

Check

志賀直子

志賀直子さん

そら豆とえびの卵炒め

独特の香りとほのかな甘みが特徴のそら豆。疲労回復に効果があるビタミンB群やカリウム、鉄などミネラルも多く含み、栄養バランスがよい食材です。相性のよいえび、卵と合わせ、塩で味つけをして彩りよく仕上げます。

エネルギー164kcal/1人分
食塩相当量1.0g/1人分
調理時間20分
  • 中国料理
  • 卵・乳製品
  • 豆・きのこ・乾物料理

(4人分)

そら豆(さやを除いたもの)…150g※さやつきで12〜13本

むきえび…200g

卵…3個

しょうが(みじん切り)…小さじ1

塩、こしょう、サラダ油、ごま油、酒

そら豆は実を傷つけないように薄皮をむく(a)。

えびは背わたを取り、塩少々、酒小さじ1で下味をつける。

卵を溶きほぐし、塩・こしょう少々を加え、混ぜる。

フライパンにサラダ油大さじ1、ごま油大さじ1を熱し、3の溶き卵を流し入れ、大きくかき混ぜて半熟状態で取り出す。

4のフライパンにサラダ油大さじ1を足してしょうがを炒め、香りが出たら、えび、そら豆を炒める。酒大さじ2、塩小さじ1/2を加える。えびに火が通ったら、4の卵を戻し入れて、炒め合わせる。

(a)くぼみに爪を入れ、薄皮をむく。

おすすめ商品

ガーナミルク

口どけなめらかなおいしさ。厳選したカカオとなめらかなミルクの理想的なバランス。

ガーナミルク
かんたんレシピ

生チョコケーキ

材料 (14×11×高さ4.5cmの 型1台分=3.5×3.5cmのハート形 10個分)

<土台>
ロッテのクランキービスケット 6枚
無塩バター 15g

<ガナッシュ>
ガーナミルク 2枚(100g/刻んでおく)
お好みの洋酒 小さじ1/2
生クリーム 50cc(動物性の脂肪分40%以上のもの)※30%台の場合は40ccに減らしましょう。

ラズベリージャム 小さじ2

つくりかた
・下準備
型にオーブンペーパーを敷いておく。無塩バターは溶かしておく。抜き型よりも2周り位小さいハート形を厚紙に描き、切り取っておく(仕上げ用)。

1.クランキービスケットはフードプロセッサーにかけて細かくする(厚手のビニール袋に入れてめん棒でたたいてもOK)。

2.溶かしバターを加えてよく混ぜ(ここでまとまらなさそうだったら、湯せんにあてて、クランキービスケットのチョコを溶かすとまとまります)、型の底に平らに敷き詰める。

3.鍋に生クリームを入れて火にかけ、沸騰したら火を止めてガーナミルクに加え、泡立て器でゆっくり混ぜて溶かす(完全に溶けなければ湯せんにかける)。粗熱がとれたらお好みで洋酒を加えて混ぜる。4.焼肉のタレを加え、絡めたらできあがり。

4. 2の表面にラズベリージャムを均一にぬり、3を流し入れ、平らにし、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。(※冷蔵庫の温度設定により固まる時間が異なります。)

5.固まったら、型から取り出し、ハート型で抜く。仕上げ用のハート形の型紙をのせ、粉糖やココアパウダーをふり、型紙をそっとはずす。
(※保存は冷蔵庫で。)

~ポイント~
型で抜く際、型を少し温めて抜くときれいに抜けます。抜いた後、もう一度冷蔵庫で冷やして形を整えるとよいです。仕上げの型紙はお好みのものでも。洋酒は入れなくても大丈夫です。未成年が食べる場合は、洋酒は使わないでください。

もっとたくさんのレシピをご紹介中!

コープステーションのご注文はこちら

定期購読する

もっとたくさんのレシピをご紹介!コープステーションのお求めはこちら!

定期購読する

クッキングノートレシピ検索

フリーワード検索

料理研究家の一覧を見る

毎日の献立に コープ Cooking Recipe

たべる、たいせつ

広告に関するお問い合わせ・お申し込みはこちら