2016年8月

 7月29日から8月2日、小豆島にほど近い無人島よしまで「福島の子ども保養プロジェクトinよしまキャンプ」が行われました。これは、さまざまな制約がある状況から離れて、のびのびと過ごしてもらおうと神戸YMCA、兵庫県ユニセフ協会、コープこうべ共催で福島の小学生を招待したもの。今年2月に組合員から寄せられた「コープこうべ福島の子ども保養プロジェクト支援募金」が活用されました。
 5年目を迎えた今年は30人の子どもたちが参加。海水浴や釣りなどの外遊びをして、夏休みのひと時を楽しみました。8月1日には、コープこうべとコープかがわの組合員ボランティアが参加して、夏祭り縁日が開かれました。おでん、フランクフルトなど9つのブースが並び、「おいしいおでんはいかがですか~」と呼び込みをしてお手伝いをする子どもたちも。「みんなで一緒に食べるのは賑やかで楽しい」と笑顔がはじけていました。

1609k01.jpg