笑顔あふれる野菜収穫体験 東日本大震災避難者交流会を開催

Check

11月14日、神戸市社会福祉協議会、神戸YMCAとコープこうべの三者共催で「エコファームde収穫体験」が行われ、東日本大震災の影響で兵庫県に避難されている9家族26人が参加しました。
当日は、エコファームにある「みずほ協同農園」で、青ネギや小松菜を収穫。「こんな元気が小松菜を見るのは初めて」と笑顔いっぱいでした。その後、子どもたちは、しいたけの収穫にも挑戦。斜面にある原木から大きなしいたけを選びながら慎重に採っていました。収穫後のバーベキューでは、参加者同士、互いの近況を話しながら親交を深めました。参加者からは「大人数で食事をして元気をもらえた」「避難してから、土に触れあう機会がなかったので、子どもたちもすごく喜んでいてよかった」などの声が聞かれました。

1601k01.JPG