2012年8月

コープこうべが、みやぎ生協ボランティアセンターと進めている「へちまプロジェクト」。
8月28日、みやぎ生協ボランティアセンターの菊地ひろ子さんから、へちまの生育状況のレポート第6弾が届きましたのでご紹介します。

~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~

8月21日、すべてのプランターに追肥しながら実に生育状況を確認しました。あちらこちらのプランターで、へちまの実がなりはじめました。4つの実が順調に生育しているお宅では、トマトや大根、オクラ、シソなども栽培されていて、見ごたえのある農園になっていました。
野菜やお花が好きな方は、関心が高く水遣りの調整もお上手なようです。

120829miyagi_hetima1.jpg
また、植物に関心がなかった方々も、仲間の声かけなどで、朝夕の観察をするうちに楽しくなってこられたようで、成長が待ちどおしいとおっしゃっていました。グリーンカーテンと収穫の喜びを、みんなで共有できることに感謝しています。

住民のみなさんの声をご紹介します。
「生協さんが、種まきからネットかけ、肥料までお世話してくれるし、頻繁に見に来てくれてうれしい。安心して育てられます」
「やっと実がなって、大事に育てています。朝夕の観察が毎日の日課。楽しみです」

miyagi_hetima24.jpg
大きな実がなりました

世界各国の紛争地や被災地で救援活動を続けている精神科医・桑山紀彦さん。8月18日、「第3地区震災支援を考える会」の主催で、桑山さんらの「地球のステージⅠ・東日本大震災未来編」が上演されました。

stage1.JPG
宮城県名取市にある桑山さんの診療所は、大津波で被災。以来、さまざまな活動を通し、閖上(ゆりあげ)地区で被災した人々の心のケアに取り組んできました。
津波で故郷を失った小学生は、”以前の懐かしい街””あの日みた街””未来の街”のジオラマを、時間をかけてつくってきました。「あの日を境にぷっつり途切れてしまった人生を、一つにつなげられて初めて、未来へと向かう力がわいてくる」と桑山さん。


また、閖上地区に住んでいた主婦のグループ「閖上あみーず」の活動を紹介。メンバーの多くは、被災後閉店した、みやぎ生協閖上店の組合員でした。桑山さんらは、閖上店の被災によって失われた地域の集いの場を、もう一度つくる支援をしてきました。「閖上あみーず」のみなさんは、同じ境遇の人が集い、心の内をはき出しながら作品を生み出すことで、少しずつ元気を取り戻しています。

「生協には、世界平和と地域の安全、そして、人が生きることの意味を問い続ける存在であってほしい。いつか名取の子どもたちと一緒に、阪神・淡路大震災から復興した神戸の街を訪れたい」

桑山さんはそんな言葉でステージを締めくくりました。

stage2.JPG

開演に先立ち、これまでの活動を報告する「震災支援を考える会」のメンバー

kuwayama.JPG

桑山紀彦さん

コープこうべが、みやぎ生協ボランティアセンターと進めている「へちまプロジェクト」。
8月3日、みやぎ生協ボランティアセンターの春日京子さんと、菊地ひろ子さんから、へちまの生育状況のレポート第5弾が届きましたのでご紹介します。

~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~

―春日さんのメッセージです―

気仙沼も毎日暑い日が続き、へちまも一気に大きくなっています。
こうべのみなさまも熱中症にはお気をつけてください。

さて、へちまのネットかけと肥料やりから10日が過ぎ、昨日仮設住宅と保育所にその後の様子をサポーター数人といってきました。
仮設住宅では、ほとんどのお宅のへちまに花芽がみられ、中には大きく実をつけたへちまや、これから実を付け出そうとするへちまが見られました。みごとなへちまは、水やりがうまくいっているところでした。ペットボトルの蓋に穴を開けて、プランターに差し込み常に適度に水がいくように工夫していました。みなさん大きくなったへちまをとても楽しみにされています。

男性が1人、みなさんのへちまの様子を時々見てはアドバイスをしてくれていました。9月のみなさんの来訪までに大きくりっぱに育てておくからと今から心待ちにしておられました。

保育所のへちまは水不足でちょっと元気がなかったので、先生に水やりのことを伝えサポーターも時々顔を出しりっぱな実がなるように応援します。
わが家のへちまも大きくなり、昨日雄花が咲いたので天ぷらにして食べました。とてもきれいな色あいでくせもなく良かったです。

こちらは空梅雨で水管理がこれからの課題のように思います。初めてのへちま栽培ですがなんとか成功しそうです。
こうべのみなさまにもよろしくお伝えください。

みやぎ生協 県北ボランティアセンター 春日京子

~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~

―菊地さんのメッセージです―

当地も猛暑が毎日続き、水分をこまめに取りながら活動しています。
やっとへちまの季節が到来しました。7月22日にネットかけを無事終了してからは順調に花を咲かせ実をつけ、住民の方々もグリーンカーテンを実感しつつあるようです。

今後のグリーンカーテンの状況を見ながら秋にはへちまのたわしが作られるようサポートして行きたいと思います。
また、完成したへちまを住民と共に、ご支援いただいたコープこうべのみなさんにお届けしたいと考えております。

9月3日の交流会は、面瀬中グラウンド仮設の視察とお茶会、県北ボランティアセンター1年間の報告と今後の活動についての意見交換などの内容を考えております。
猛暑が続きます。どうぞお体ご自愛くださいませ。

みやぎ生協 県北ボランティアセンター事務局 菊地ひろ子

7月29日から8月2日にかけて、「福島の子ども保養プロジェクトinよしまキャンプ」を実施しました。これは、福島県の被災地域の小学生に、おもいっきり自然を楽しんでもらおうと、コープこうべが、神戸YMCA、兵庫県ユニセフ協会と協働で企画。子どもたちは瀬戸内海に浮かぶ無人島・余島で、カヌーや釣り、アーチェリー、クラフト、森遊びなどを行いました。
120801yosimakodomo.JPG
余島は、瀬戸内海に浮かぶ小豆島鹿島沖1kmに位置する周囲2.2kmの無人島で、干潮時には、小豆島本島と陸続きになります。子どもたちは、「神戸YMCA余島野外活動センター」に宿泊。
120801yosimayasi.JPG
8月1日には、第6地区の組合員や役員・職員ら34人が夏祭り縁日を開催しました。
120801yosimaenzin.JPG
120801yosimauta.JPG
組合員らと一緒に交流ゲームや歌を楽しむ子どもたち
120801yosimahuranku.JPG
120801yosimaodennmae.JPG
縁日の様子。姫路おでんや焼きそば、フランクフルトなどを振る舞いました。
120801yosimasoumen.JPG
そうめん流しも行いました。


【福島の子ども保養プロジェクト】
原発事故の被災地域の子育て世帯を対象に、週末や長期休暇中に低線量の地域で過ごす機会を提供して、精神的なケアにつなげる支援を行うもの。福島大学災害復興研究所、福島県ユニセフ協会、福島県生協連が主催。

コープこうべが、みやぎ生協ボランティアセンターと進めている「へちまプロジェクト」。
7月23日、へちまのネットかけと、お茶会が開催されました。みやぎ生協ボランティアセンターの菊地さんから届いた、へちまの生育状況のレポート第4弾をご紹介します。

~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~ *・* ~

関西地方は梅雨も明け、猛暑が続いているかと思います。みなさまお元気でお過ごしでしょうか。
おかげさまで昨日、無事へちまのネットかけ&お茶会を終えることが出来ました。
これまでのご支援本当にありがとうございます。

昨日の天候はくもりで気温も23度ほどの涼しさでした。へちまの生育状況は、屋根に届くくらい伸びているものや、細いつるがやっとプランターからはみ出してきたものまでさまざまでした。4班に分かれて、全部で24軒にネットかけや追肥を行いました。

120722_omose1.jpg

住民のみなさんは、ネットかけを首を長くして、多少気をもみながら待っていたようです。ネットかけが終わると、「ありがとうね。安心しました」と声かけていただきました。3軒ほどは、プランターが見当たらず確認できませんでした。
120722_omose2.jpg
お茶会には住民22人、県北ボランティアセンター6人、青空エコカフェ1人、生協職員1人、一般1人、社協3人の計34人が参加しました。お菓子とお茶で、日ごろのくらしぶりや四方山話をおしゃべりしながら楽しく過ごしました。 中でも91歳の仲良しお二人はサポーターと一緒に民謡「ドンパン節」を歌って会を盛り立ててくれました。

120722_omose3.jpg

西宮の「震災を考える会」から届けられた素晴らしい絵のうちわをみなさんにさしあげました。「大事に使います。ありがとう」と喜んでくださいました。
120722_omose4.jpg
9月3日の交流会は自治会長さんにお伝えしてあります。それまでへちまがどんなに素晴らしいグリーンカーテンに成長しているか楽しみにしています。コープこうべの組合員のみなさんによろしくお伝えくださいませ。

みやぎ生協県北VC事務局  菊地ひろ子