2012年2月

2月27日、大阪北地区とみやぎ生協の県北ボランティアセンターが協力し、組合員同士の交流をすすめる「“みやぎ”とつながろう!プロジェクト」を立ち上げました。

0229_oosakakita1.JPG
(写真:作品と一緒に笑顔も届きますように!)


第1回目のこの日は、震災後の被災地の様子や支援活動を映像で確認し、このプロジェクトの内容、活動に参加していただくための登録説明などを行いました。その後、みやぎに届ける絵手紙やメッセージカード、手作り色紙などを作成しました。

0229_oosakakita2.JPG
(写真:楽しくおしゃべりしながらの作品作り)

「個人ではなかなかできないけど、こんな機会があればぜひ参加したかった。みやぎの方とつながりたい」「自分たちにできることで、楽しんでいただけたら嬉しいです」との声が聞かれました。

また、往復はがきによる手紙交流を新たにスタートすることになり、すでに20人の組合員が登録をすませました。

2月26日、コープカルチャー西宮で、「コープファミリーフェスタ」が開かれました。これはコープサークル・くらぶの日頃の活動発表や交流を行うイベントで、今年は東日本大震災復興支援の思いを込めて開催され、のべ712人が来場。みやぎ生協のボランティアセンター支援のため募金箱設置やバザー、宮城への応援メッセージの寄せ書きなどを行いました。

yosegaki.jpg
(写真)完成した寄せ書き

ステージ発表の「私からのメッセージ」では被災地に手編みのマフラーを届ける活動をしているサークル「甲東虹の会」のメンバーがエピソードを紹介するなど、震災やボランティアへの思いを発表。

それに続き、みやぎ生協職員でミュージシャンの砂野博明さんがギター弾き語りのミニコンサートを行いました。「みなさんに会えたことがLOVEです!」と「愛の賛歌」を、震災が起こり、音楽で何かできないか?と考えて作った「みんなへ」など、さわやかでソウルフルな歌声で魅了。最後は砂野さんのギターで会場のみんなが一緒に「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」を歌いました。

sunano_2.jpg
(写真)みやぎ生協職員 砂野博明さん

続いて、店舗事業部の神田豊さんが、砂野さんとの出会いについて話しました。「昨年3月末、みやぎ生協の応援に行ったとき、トラックの隣の席に座ったのが 砂野さん。組合員宅を1軒ずつ回り、水や缶詰を届けているうち、亘理(わたり)のまちの大人気地域担当であることが分かりました。実はミュージシャンで、 FMで番組ももっていると聞き、大変驚いたんです」。このとき生まれた交流が、今回のミニコンサートにつながりました。

sunano.jpg
(写真)砂野さんの歌に会場は手拍子

 

 

2月18日、大阪北地区のボランティアやサークルのみなさんが、お雛さまの折り紙や額、絵手紙を手作りして、みやぎ生協の県北ボランティアセンターに送りました。

また、自分たちでも作って、楽しんでもらいたいと、折り紙のお雛さまや飾り額を手作りキットにして一緒に送りました。

120220_3.JPG
(写真:和布で作ったお雛さま)

120218_osakakita2.JPG
(写真:折り紙のお雛さま)

120218_osakakita1.JPG
(写真:絵手紙と額)


これは、みやぎ生協の県北ボランティアセンターから、ふれあい喫茶などで活用できるものをとの依頼を受けて届けたものです。
みやぎ生協の組合員からは、「いくつになっても、お雛さまはうれしいですね」などの声が寄せられました。

東日本大震災からもうすぐ1年、コープこうべでは、各地で行っているさまざまな活動に参加や協力を呼びかけています。神戸・播磨・丹波・但馬地域の情報をお届けします。


第3地区(神戸市東灘区・灘区・中央区・兵庫区・長田区・須磨区)

<みやぎ生協組合員のメッセージをご覧ください>


3月10日に開催される、イベント「祭inすみよし」に、「第3地区 震災支援を考える会」による展示コーナー「震災支援の部屋」を設け、みやぎ生協組合員のみなさんから寄せられた1600通のメッセージを展示します。どれも胸打つメッセージです。みなさんどうぞお越しください。

と き 3月10日(土)10時半~14時半
ところ 生活文化センター
問い合わせ コープ活動サポートセンター住吉

第4地区(神戸市北区・三田市・北播磨・丹波)

<平和と被災地支援を考えるつどいにご参加ください>

3月4日に開催される、「第4地区平和のつどい」に、CODE海外災害援助市民センターの吉椿雅道さんを招き、被災地支援や海外支援の最前線のお話から平和について考えます。


と き 3月4日(日)13時半~15時半(開場13時)
ところ コープカルチャー神戸北(ふれあい館)
定 員 170人
申し込み 第4地区本部 電話078―583-8411
※ 一時保育あり。100円。上記まで要申し込み。

第5地区(神戸市垂水区・西区・明石市・淡路)

<チャリティーバザーにご来場ください>

東日本大震災被災地支援チャリティーバザーを行います。東北の物産、エコファーム・フードプランの野菜や果物などのほか、日用雑貨、書籍、手作り品などが多数並びます。バザーの収益金は、全額みやぎ生協ボランティアセンターに寄付します。


と き 3月19日(月)13時~15時
ところ 垂水勤労市民センター3階・レバンテホール (JR・山陽電鉄「垂水駅」北東へ3分)
問い合わせ 第5地区本部 電話078-937-0082



第6地区(東播磨・中播磨・西播磨・但馬・丹後)

<みやぎ生協ボランティアセンター「応援リスト」に登録を>


みやぎ生協石巻ボランティアセンターは、仮設住宅などで「ふれあい喫茶」を開き、被災された住民同士が交流を深めるお手伝いをしています。「こんなことができるよ」「こんな物が送れるよ」など、みやぎ生協のふれあい喫茶でできる小物作りのキットや、遊び・ゲームなど、ボランティア活動に生かせるアイデアを募集し、「応援リスト」に登録します。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ コープ活動サポートセンター姫路

東日本大震災からもうすぐ1年、コープこうべでは、各地で行っているさまざまな活動に参加や協力を呼びかけています。大阪北部と阪神地域の情報をお届けします。

大阪北地区(大阪府北部)

<絵手紙・メッセージカードを送りませんか>
みやぎ生協の「県北ボランティアセンター」に送る、絵手紙やメッセージカード作りに参加いただける方を募集しています。

と き 2月27日(月)13時半~15時半
ところ 豊中市社会福祉会館3階集会室(豊中市中桜塚2-28-7)
問い合わせ コープ活動サポートセンター大阪北

第1地区(猪名川町・川西市・宝塚市・伊丹市・尼崎市)

<ベルマーク整理ボランティア募集>
コープ山本・仁川・宝塚・めふ・中山台・安倉・うねのなどの店舗で組合員から寄せられたベルマークを、気仙沼市立松岩小学校に送ります。集まったベルマークを整理するボランティア活動に参加しませんか。


と き 3月6日(火)10時~12時
ところ コープめふ組合員集会室
問い合わせ コープ活動サポートセンター宝塚

<手芸ボランティア募集>
組合員グループ「チーム菜の花」が、手芸品のバザー収益金やベルマークを被災地に送るボランティア活動をしています。次の日程で、手芸品作りを行いますので、お近くの方はぜひご参加ください。

と き 3月21日(水)14時~16時
ところ コープ塚口組合員集会室
問い合わせ コープ活動サポートセンター塚口


第2地区(西宮市・芦屋市)

<浴用タオルをお寄せください>

みやぎ生協ボランティアセンターは、新学期を迎える小学生が学校に持っていく雑巾を作るためのタオルを集めています。薄手の浴用タオルをご提供ください。

締め切り 3月10日(土)
問い合わせ・送付先 コープ活動サポートセンター西宮

talarazuka.jpg写真は、コープ活動サポートセンター宝塚のベルマーク整理活動の様子